高齢になると精子や卵子は衰える?

年齢を重ねるにつれて体力や免疫力が衰えるように、加齢によって精子や卵子も衰えてしまうのでしょうか?また、精子や卵子が衰えた結果、妊娠や出産にどのような影響があるのでしょう。気になる『年齢と精子・卵子の劣化』について、考えてみたいと思います。
MENU

高齢になると精子や卵子は衰える?

年齢を重ねるにつれて体力や免疫力が衰えるように、加齢によって精子や卵子も衰えてしまうのでしょうか?また、精子や卵子が衰えた結果、妊娠や出産にどのような影響があるのでしょう。気になる『年齢と精子・卵子の劣化』について、考えてみたいと思います。

 

加齢によって精子や卵子は衰える?

精子や卵子は普段目に見えないため、衰えを実感する機会もないかと思いますが、それらの生殖機能は加齢によって確実に衰えていきます。
現代の日本では、晩婚化が進み、35歳を過ぎてから妊娠を希望するカップルも少なくありませんが、そうしたカップルの多くが不妊で悩んでいるともいわれています。
年齢が高くなるにつれ不妊で悩むカップルの数が増えるのは、他ならぬ精子や卵子の衰えに原因があります。加齢によって精子の量や運動率、卵子の質、子宮内膜の状態などが低下し、そうした現象が複雑に絡み合うことで、不妊状態を作り出してしまうのです。

 

精子や卵子の衰えがもたらす影響は?

精子や卵子が衰えると、前述のように、不妊状態に陥りやすくなります。
また、精子や卵子の質が低下することで、染色体異常の発生率が増加し、受精卵が出来ても上手く発育せずに初期流産をしてしまったり、着床しても二分脊椎や無脳症、ダウン症、発達障害などの障害を引き起こしてしまったりするケースが増えてきます。
特に、35歳を過ぎると精子や卵子が衰えるスピードが加速度的にUPすることが知られています。もちろん個人差はありますが、ありますが、35歳以降は1日ごとに正常妊娠の確率が下がっていくと考えた方が良いかもしれません。

 

精子や卵子の衰えを予防するには?

人間は生きている限り誰でも年を取ります。その流れを止めることなどできません。ただし、妊活や妊娠にメリットのある栄養素を積極的に摂取することで、衰えのスピードを緩めることは可能です。
精子や卵子の衰えを予防する栄養素として最も有名なのが『葉酸』です。葉酸にはスムーズな細胞分裂を促す効果があるとされ、妊活中や妊娠初期には積極的に摂取することが推奨されています。ドラッグストアのマタニティコーナーに行くと、様々な種類の葉酸サプリが売られているので、成分などをチェックした上で、自分に合うサプリメントを選んでみていただければと思います。
また、ミネラルやビタミンといった栄養素も、若々しい精子や卵子を維持するためには欠かすことのできない栄養素です。それぞれをサプリメントや食品などで摂取するのも良いですし、前述の葉酸サプリにミネラル・ビタミンなどがプラスで配合されたサプリメントも売られていますので、そうしたものを選んでみるのも良いのではないでしょうか。

 

精子や卵子の衰えに負けずに、前向きに進んでいきたいものですね!

 

 

精子や卵子の衰え対策にも葉酸サプリがおすすめ!

年齢とともに、精子や卵子が衰えてくるのは仕方のないことです。

 

でも、少しでも衰えを防止した方が良いですよね!精子や卵子の衰え防止にも葉酸サプリが効果的です!

 

私のおすすめはララリパブリック葉酸サプリとベルタ葉酸サプリの二択ですね!

 

 

このページの先頭へ